世良心療内科クリニック

小樽市の心療内科、精神科 世良心療内科クリニック

  • TEL:0134-24-4556
  • FAX:0134-24-2556

コラム

baby step

バラとアオムシ

「四っ葉のクローバーって、見つけ方があるのよ」
横浜は赤レンガパークわきの小さな原っぱで、友人が言った。
「見つけようってムキになっちゃいけないの。ぼおっと、焦点を結ばないような感じでながめてると、むこうから声をかけてきてくれるのよ」
「え~~っ?!」
「ほんと。なんとなく浮きあがってくるの、そこだけ」
「マジカルアイみたいな感じ?」
「そうそうそう」

マジカルアイ。
一時流行った、平面の図柄が3D映像みたいに浮かびあがって見える!ってやつ。
全然うまく見えないのですぐ投げ出したけど、今年、かかりつけのクリニックの待合室で、1冊まんまマジカルアイの絵本を見つけた。
一生懸命、目を細めたり、本を斜めにしてみたり、手こずってると、診察室からチラと顔をのぞかせた女医さんが、すっと一言。
「それ、近づけたり離したりすると、見えますよ」
え~っ?あらら、ほんと!!

突如、目の前に全く違う図柄がうかびあがった。
うっそぉ。できちゃった。ほんのちょこっと両手をのばしたりちぢめたりしてる間に。
昔、あんなにやってもできなかったのに!
それ以来、クリニックに行くたびトライするけど、割とすぐ3Dになってくれる。
コツってあるんですね、何ごとにも。
でも、あれ、見てると酔いませんか?
っていうか、なんかビミョーに気持ち悪くなりません?
平衡感覚が狂うというか。

埼玉県の秩父に、一面、芝桜におおわれた丘がある。
丘の上にたつと、ピンクと白の花の絨毯がそれはそれは事なコントラストで。
たしかに美しいのだが、私はちょっと具合が悪くなってしまう。
明度が強すぎるというか、天然の花なのに蛍光色なので、長いこと眺めていると、やっぱり微妙に平衡感覚がくずれてきて、くらっとする。

同じふらつくんでも、世界の文豪となると、一味違う。
19世紀、滞在先のフィレンツェの美術館で倒れたのは、名作「赤と黒」で知られるフランスの作家スタンダール。

ミケランジェロ、ラファエロ、ダヴィンチ、ブルネレスキ,etcetc。
ルネッサンス芸術の粋を集めたイタリアの古都で、あまりにも素晴らしい芸術作品や建物群にかこまれているうち、作家は不意に強烈なめまいに襲われ、昏倒した。
原因は・・・・”美に圧倒されて!”
し、しえ~~~っ。かっこいい!!
以降、この手の反応には”スタンダール症候群”と名前がつけられた。

人って、酷なことや惨いことだけじゃなく、感動でも倒れたりするんですね。
あ、昔の映画とかで、愛を告白された女性が気絶するシーンがよくあったけど、あれも、これかしら?
ちなみに、彼の小説って、教科書に名前が載るくらいだから、めんどくさいって思いがちだけど、実は、”宝塚歌劇”もびっくりの”愛と冒険のグランドロマン”って感じなんですよね。
なんせ
“恋について語ること、それ自体、すでに恋である”
なんて、聞きようによっちゃじゅうぶんパボな格言残しちゃってるような人ですゆえ。
おすすめは「パルムの僧院」かな。

あ、で、四っ葉のクローバーですが。
友人のいうとおり、ぼおっとながめていたら、あ、あったぁ!!
と思ったら、すぐに2本目も。
5月の横浜は、もうすっかり初夏の日差しで。
でも、シロツメクサの叢は、ひいやり涼しくて。

その日は、友人の誕生日。
見つけたての四っ葉のクローバ―はお祝いにプレゼント。
でも、さすがに3本目はみつかりませんでした。
「つい、欲がでるからね」
そう、どうせ見つかるはずないと思ってたときは、ぼおっと眺めることができたけれど、実際に発見しちゃうと、つい、もっとと、目が皿のようになってしまうのでした。

もう一人、誕生日の友人がいて、彼女とは薔薇を見に行った。
埼玉は所沢の西武球場で、チームが遠征中のあいまをぬって、ドーム球場で薔薇とガーデニングのフェスタがひらかれていた。
球場へは西武線の急行でもかれこれ1時間。
入場料も2千円と決して安くない。
だが、電車には多くの見物客と思しき中高年の姿があっちにもこっちにも。
案の定、池袋で乗った客のほとんどが、わさわさ、終点の球場前で降りた。

ドームの中は、さらにすごいことになっていた。
薔薇と人とどっちが多いのだというぐらいの人出で、どこもかしこも行列。
イギリスの片田舎を模した薔薇のアーチの庭や、フランスの画家”モネのアトリエの庭”を”スケッチした片岡鶴太郎の絵”に”想を得た”(なんちゅうホップステップジャンプじゃ!)ジベルニーの庭の再現は、なかでも人気が高く、押し合いへし合いだった。
普通、展示物には手をふれないことというのが基本だが、ここでは誰もおかまいなし。
というか、みなさん、熱心な園芸ファンや愛好家ゆえ、植えられた薔薇の状態が気になるんでしょうね。
行列に並んでるあいだに、枯れたバラの花弁をすっとむしりとったりしてる。
それが一人や二人じゃない。で、まわりの人も誰もとがめだてしない。
園芸家にとって、虫食いの葉っぱや咲き終わった花殻はつみとるのはむしろ当たり前、基本の行為なんですね。
グリーンフィンガー。
“緑の指を持っている人=草花を育てるのが上手な人”である私の友人も、まったく躊躇なく白い大輪の薔薇に指をのばすと、あせかけた花びらを数枚、すっとちぎって、土に返してました。

広い会場には園芸グッズ屋さんのブースも山のように出店していて、ブルガリアの薔薇のジャムはわかるけど、ワインビネガーやらなにやら一見園芸とは関係なさそうなブースもけっこういっぱい。
なかには、マッサージチェアとかの健康グッズやさんまで!
そりゃぁ、土いじりしてると、腰が痛くなりますけどさ。
商魂たくましすぎない??
けど、結構そこもにぎわって、実際気持ちよさそうにマッサージしてる人とかいるのが、笑えた。
薔薇の美しい鉢の先には、いきなりお弁当やのブースが何軒も並んでて、崎陽軒のシューマイ(!)のおいしそうな匂いもしていた(^^)
なにせ会場はバカッ広いし、腹が減っては戦さができぬってわけで、スタンド席はグラウンドにも負けないくらい、お弁当を買い込んだ人々でいっぱい。
みんなワイワイ仲間とおしゃべりしながら、箸をつつく姿は、健全な欲望にみちているというか、賑やかで結構なことだった。
今はどこもそうであるように、東北の震災の寄付金箱が置かれていたけれど、ここには日々のひとときを気持ちよくすごそうという人々がいて、美しい花々におもいおもい写メをむけていた。

“薔薇相談”という札のかかった席には、なにごとか真剣なおももちで専門家に質問をしている人々がいた。
イギリスのミステリーを読んでいると、ときどき園芸家が草花の生育のことで気をもむシーンがでてくる。
ずいぶん浮世ばなれしてるよなぁ、平和でいいよなぁ、さすが、英国だぁ。
もちろん、その直後に殺人事件がおこったり、園芸家が実は腹黒かったり、何せミステリーですからね、いろいろ大騒ぎになるのだけど。
でも、日本でも、そんな浮世ばなれした光景はちゃんとあるんだなぁと思うと、相談者たちの深刻な横顔が、いっそほほえましかった。

そういえば、夜、薔薇の花の香りをかごうとして、棘で瞳を傷つけたのがもとで亡くなった詩人がいる。
ディラン・トマス。英国の出身だ。
「ロマンチックだと思わない?詩人らしいわぁ!」
「どこが?実際には膿んだりして、つらいんじゃない?」
友人にはあっさり却下(?)されましたが。

薔薇も素晴らしかったけど、それよりすばらしかったのは、ドームを出た後つつまれた新緑の風だった。

都心からわずか1時間とは思えないほど、緑、緑、緑。
若葉を茂らせた木々のした、思わず目をつむり深呼吸した。
ゆっくり瞳をあけると、緑の木立の中、不思議な線のような一本縦に浮かんでる。
??? 目をこすっても、緑の線は消えなかった。
なんじゃ?近寄ってみると、それは宙にぶらさがったアオムシだった、
なんの幼虫なんだろう?
目の前に浮かんだ2センチもないような緑の虫のまわりをぐるりまわってみると、光の加減で、糸が見えた。
「ねェ、見てみて!!」
むごむご体を動かす姿がかわいい!
「思った以上に下がりすぎちゃったのね、きっと」
友人は笑い、写メを撮ると、即、私に送ってよこした。
添付件名は「けなげ」!!

「わぁ、よく撮れたね?」
と携帯をのぞきこみ、顔をあげたときには、もうアオムシくんの姿はなかった!!
一番下の枝までだって、たっぷり1メートル以上はあるように見えたのに。
「すごいね。そんなスピードあるように思えないけどなぁ」
「ねぇ?懸命だったのね、きっと」

結局、その日のハイライトはこのアオムシくんだった。

家へ帰ってみると、気仙沼の友人の親御さんからハガキがきていた。
家をあの津波で流され、一切合財を失った親御さんのため、みんなでお金を集めたり布団を送ったりした礼状だった。
「どうにか仙台で新しい暮らしをはじめる運びとなりました」
と、あった。

“薔薇の木に薔薇の花咲く、何事の不思議のなけれど”

アオムシくんのけなげさが、われらにもありますよう。
薔薇の花の咲きこぼれる5月でありますよう。
新緑が初夏の風を運ぶ6月でありますよう。

作家
: 正本ノン
プロフィール
   
星座
: 水瓶座
血液型
: A 型

診療時間

診療時間表

休診日
第2・第4・第5土曜日、日曜日、祝日

外観

世良心療内科クリニック

〒047-0032
小樽市稲穂2-9-11 ツルハビル3F
(JR 小樽駅下車 徒歩4 分)

TEL.0134-24-4556 FAX.0134-24-2556

アクセスマップ Google MAP

コラム

世良心療内科クリニック

TEL.0134-24-4556 FAX.0134-24-2556 小樽市稲穂2-9-11ツルハビル3F

  • TOP
  • クリニック概要
  • 診療の流れ
  • よくある症状
  • アニマルスペース
  • お知らせ
  • コラム
  • アクセス
copyright (c)2014 SERA MENTAL CLINIC All Rights Reserved.