世良心療内科クリニック

小樽市の心療内科、精神科 世良心療内科クリニック

  • TEL:0134-24-4556
  • FAX:0134-24-2556

コラム

baby step

もし私が総理大臣だったら

もし私が総理大臣だったら。
外務大臣は,絶対、大阪人で決まりだ。
なんなら、吉本の芸人でもいい。売れてれば
なおのこと・・・・ん、ダメ??
いやぁ、いいと思うんだけどなぁ。
なんたったって、コミュニケーション能力バツグンでしょう?
大阪へ行くたび、まじ、感心する。

1月10日は十日戎(とおかえびす)といって、
関西では商売繁盛を恵比寿様にお願いする習わしがある。

有名なところでは、西宮市の福男レース。
ほら、真夜中の開門と同時に、男たちが境内を一斉に駆けぬけて、
すっころんだり、すごい勢いでつっこんで神主さんに抱きとめられて、
1位、2位、3位・・・みたいな映像、見たことあるでしょう?
あれも十日戎の名物のひとつです。
私が何度か行ったのは、そっちじゃなくて、大阪市の今宮戎のほう。
なにせ室町時代から続く伝統行事。
3日間でのべ100万人の人出というから、
規模としてはこちらのほうがたぶん大きい。
JRの環状線は、もう一つさびれた印象のある線なんだけど、
この日をはさむ3日間ほどは大賑わい。
前日を宵えびす、11日を残り福と呼ぶのも、
お正月らしい寿(ことほぎ)感があっていい。
駅のホームを、もう人並みに押されながら下りると、
♪商売繁盛笹もって来い!
♪のお囃子がじゃかじゃかじゃかじゃか降ってくる。
街角のそこここには街宣車みたいな警察の車両が
何台となく連なって、スピーカーで、やれ駐車するなだ、
あっちへ進めだの命じている。
あらら、けっこう、ものものしいのね。
でも、線路の高架沿いにはずらり屋台が並んで、わっさわっさ。
ヴィトンやシャネルのコピーバッグ売りも
バンバンあるんですけど…大丈夫なん?
ともあれ、人並みに沿っていれば、
初めてでもものの数分で、無事、今宮戎につく。
神社は人であふれていて、おしあいへしあい。
こちらでは笹に千両箱やおめでたい飾り物をつけた
福笹を授与している。
授与っていってもタダじゃありません。
神社やお寺では売るってかわりに、
授けると言ったりするんですね。
正しくは、笹じたいは無料でくれる。
神社の本殿の手前,数段高くなったところに、
左右、ふたりの神主が立って、手にした笹の束から、
一本ずつひきぬいて、シャララとリズムをつけるように弧を描いてみせる。
1本の笹にむかって何十という手が伸びる。
みんなが競ってむらがる姿は、ちょっと浅ましい気もするけど、
自分もその輪の中にいるときは、
やっぱりなりふりかまわずになってしまうんだなぁ、これが。
それに笹は、なんたって自然のものだから、
一本一本枝ぶりや葉のしげりかたが違う。
これじゃぁ、福もよりつかないだろうみたいな、
貧相なもんもまじってるわけです。
だから、余計、みんな、少しでも
かっこのいい羽振りのいいやつをつかもうと、
躍起になってしまうんですね。
そうそ、笹を手に入れる前に、ちゃんとお賽銭をいれなくては。
賽銭箱というより、白布で覆われた即席プールみたいな
広さのスペースには小銭がどっさり、
中には千円札や1万円札、それに小切手までちらほら。
良い福にちなんで¥4129とか、¥2951=福来い、とか。
景気がいいころには、万札をバンバン見かけたけれど、
最近はさすがに減ったみたい・・・。
なぜか、大きなまぐろの頭も飾られてて、
そこには我れ勝ちにご縁=5円玉を張りつけていく人たちも。
福笹を手にいれたら、今度は居並ぶ福娘のところまでいって、
縁起物のお飾りを授けていただくのだが、
これが1ケ、千円。た、高っ!!
はっきしいって、100円ショップにもあるような
安っちい代物なんですけど…。
私は最高3個までしかつけてもらったことがないけど、
お飾りは多ければ多いほど、ご利益もありそうに見えるのが、
文字通り現金というか残念というか・・・。
ちなみに、この福娘、ちょっとした下町のミスコンみたいな位置づけで、
福娘に選ばれましたというと、
就職のときにちょこっと有利だったりするとか。
巫女の衣裳の上に薄い羽衣をはおり、長い黒髪の上には金の冠。
ただきれいなだけじゃなく、愛嬌があって明るいことが第一条件とかで、
こっちまであったかい気分になる笑顔、笑顔。
普通の男の人やおばさんの売り子もいるけれど、
やっぱどうせなら可愛い福娘につけてもらいたいっていうのが人情なんですね。
さて、だが、これだけで帰ってはいけません!
最初、私は何も知らずに東京までもどり、
あとでエ~~~~ッとふくれた。
戎神社にいったなら、最後に、本殿の横にまわって、
ドンドン板壁を叩かなくてはいけないのだった。
「えべっさん!!!頼んましたでぇ!!!」
みなさん、お願い事をぼそぼそつぶやいたあとで、
急に大音声をあげながら、どんどんがしがし板壁をたたく。
そのハンパないこと。
「えべっさぁん!!ええでっかぁ~~!!?」
そのたびにビシビシ壁が揺れる。
「なんですか、これ?」
列に並ぶ人にたずねると、
「あぁ、えべっさんは耳が遠いさかい、ようけ叩いて、注意ひかんと」
だそうで、
「ねぇちゃんも、しっかと頼みや」
と、にまっ。
恵比寿さんが耳が遠いなんて、初耳だと思ったら、
「なにせ、年が年やさかい」って話だった。
なるほどね(へへ)

脱線したけど、すっかり感心したのは、
この十日戎の帰り道のことだった。
露店に続く古い商店街をぶらぶらしていると、
前を歩いていた女性がお金を落とした。
と、むかいの店からのんびりした声がかかった。
「おっと、なんか落ちましたで。ひ~らひらと」
ひ~らひらは♪ド~ファドファじゃないけど、
明らかにメロディになってた(^^)
再現できないのが残念だわ。
「ありゃりゃ、おおきに」
と、おばさんはお札をひろい頭をさげさげ去っていったが、
私は感心のあまり、思わず店屋のおっさんの顔、振りかえったくらい。
だってさ、東京だったら、絶対ありえませんもん。
6,70才がらみのおっさんが、ひょうひょうとした感じで
「なんか、落ちましたで」と声をかけるなんて。
東京だったら、もっとはっきりしてる。
「あ、お金落ちましたよ」もしくは「お札が・・・」だ。
「なんか」とはいわない。
ましてや♪ひ~~らひらと、なんて。
この婉曲表現のすばらしさ!!

そういえば、知り合いに関西出身の80才になるご老人がいるのだが、
この方が、私の出身大学を知り、学長と懇意だとおっしゃったので、
「あぁ、でも、私のときは・・・」
と当時の学長の名を告げると、ご老人は言った。
「そりゃそりゃ、えらいこっちゃ!」

3,40年も昔のこととは思わなかった=あんた、年なんぼや?
という揶揄(?)が、”えらいこっちゃ”という言葉の持つ響きのおかげで、
ユーモラスモラスであったかみのあるものに聞こえて、
私はますますその方のファンになった。

そういえば、OLをしていた時、
忙しくて机の上がわっちゃわちゃになっているのを、
ちらと見た上司が、一言。
「お祭りやな」
と、通りすぎていったことがある。
大阪出身の上司は、だれかがお盆をひっくり返したり、
書類をまき散らしたりしたときにも、よくそう言った。
「お祭りやな」
その一言には、叱責や糾弾はなく、
でもちょっとしたからかいのなかに、
気をつけろよって優しいメッセージがこめられていて、
私たちは照れ笑いしながらも、ひそかに反省したものだった。

これらをコミュニケーション能力と言わずして、なんとしよう。
大阪のお店では、高給レストランのボーイでも、
うどんやのおねえちゃんでも、概してぱっぱと動く。
こちらがお水が欲しいなと思ったときには、
もうコップに水がつがれてる。
東京の人気店にいくと、
何様?っと言いたいような
えばった給仕人に出くわすことが、ままある。
あのぉ、人気があるのは、店であって、
働いてるアンタがえらいわけじゃないんですけど・・・みたいな。
大阪じゃぁ、そんな店みたことない。
あっ、同じ関西でも、京都じゃ、そんな店、ざらですけど・・・・。

言語能力と言えば、実は去年めっちゃ気に入った
フレーズというのが、ある。
新しい年にこんなとこで言うのも、ちょい気がひけるのですが・・・・。
言っちゃおっと。

「サイゴまでイッテ1万円」
というのが、それだす。
仕事で時々いく五反田という街には、駅のすぐそばに風俗地帯があって、
そこには主にアジア籍のおねえさんたちが回遊していて、
道行く男たちに声をかける。
しつこいつきまといはたぶん法律にふれるので、
おねえさんたちはできる限り短く、覚えやすい言葉で、
すれ違いざまにささやく。
「サイゴまでイッテ。1万円」
う、うまいっ!山田君、座布団1枚っ!!いや、2枚!
金額以外、具体的なことは何も言っていない。
サイゴもイッテも、意味の取りようはいくらもある。
でも、真実は一つ!というか、なんというか、そのソレ、
言わんとするところはあまりにもあきらかで。

「おせん、泣かすな。馬肥やせ」
よく江戸時代の名文として、例にあげられる手紙があるけれど。
私だったら、現代の名文、いや、名コピーとして、
外国籍のあやしいおねえさんたちが、あまたの試行錯誤のすえ、
たどりついたにちがいないこの一言を上げるな。
簡にして潔、明にして瞭。

ほぼ同じ能力の人がいたら、
宇宙飛行士は性格のより穏やかな人の方を選ぶのだと
聞いたことがある。
狭い密室空間では、他者との協調性が重要だ、と。
外務大臣がムリなら、せめて外交官に一人は吉本出身をいれるとかさ、
成績ばっか優秀な連中より、
陽気な関西人のほうが有効な気がするんだけどな。

あ、いっそ、いけずな京都の芸妓出身とかもいいかも。
反対意見があるときも、決して頭から否定せず、
「そうどすなぁ」と玉虫模様。
欲しいものがあるときも欲しいとはいわず
「これ、ええどすなぁ」
といって、だんさんがみずから買ってくれるよう仕向ける。
わざあり外交、ばっちりなんじゃ??

あぁ、なんてアホなこと言ってるうちに、
50代も最後の1年に突入したりするんだなぁ。
あぁあ、えらいっこっちゃ!!

ともかく、そんなこんなですが、本年もどうぞおよろしくm(--)m

作家
: 正本ノン
プロフィール
   
星座
: 水瓶座
血液型
: A 型

診療時間

診療時間表

休診日
第2・第4・第5土曜日、日曜日、祝日

外観

世良心療内科クリニック

〒047-0032
小樽市稲穂2-9-11 ツルハビル3F
(JR 小樽駅下車 徒歩4 分)

TEL.0134-24-4556 FAX.0134-24-2556

アクセスマップ Google MAP

コラム

世良心療内科クリニック

TEL.0134-24-4556 FAX.0134-24-2556 小樽市稲穂2-9-11ツルハビル3F

  • TOP
  • クリニック概要
  • 診療の流れ
  • よくある症状
  • アニマルスペース
  • お知らせ
  • コラム
  • アクセス
copyright (c)2014 SERA MENTAL CLINIC All Rights Reserved.